2018-11-30

「Co+shegoto女性起業支援」講座にて登壇しました。

11月のことになりますが、「Co+shegoto女性起業支援」という山梨県の起業を考える女性の為の支援セミナーにて少しお話させていただきました。

私も去年は参加者側で参加していた「先輩の現場見学会」。今回は、登壇側で参加させてもらいました。
「お店を持たないパン屋」ということで同じく店舗を持たないイベント販売のパン屋さん、tobiraさんとのトーク。

「好きなことを仕事に」と言えば聞こえはいいけど、継続していくには、それが本当に仕事(お金をもらう仕事)になっているのかどうか、常に立ち止まること。
何十時間も使って仕込みをして、そのパンはいくら分になるのか、それは自分の生活に見合っているのか?好きだから、喜んでもらえるからいいの!では続けられないと思っています。

「やっちゃおうやっちゃおう!」と楽観的でいながら、「それほんとに金になるの?」「その時間無駄じゃない?」と超冷静な自分とも向き合う。その繰り返しで今のスタイルがあると思います。

まだ私も試行錯誤中です。子供のこともまだまだ手がかかります。その中で自分が出来ることが何か、時には家族とぶつかることもありますが、「私がやりたい」だけでは物事は進みません。家族の協力が必要ですし、何気に仕事を一番紹介してくれるのは、デザイン会社で働く主人だったりします。

一年前は、いろんな仕事を一人でやることは、集中力が足りないのかな、とかパン屋ならパン屋だけやったほうがいいのかな、なんて悩んだりもしましたが、理想を求めず現実的なことを考えることで、逆に柔軟に自分のあり方を受け入れられるようになったかな?

まずは自分が持っている良いものを探す。それを必要としてくれる人はいないかな?と探す。

その先に仕事があった、という感じです。

まだまだ先は長いですが、今出来ることは何だろう、と常に考えていきたいと思います。

co+shegoto2018『先輩の現場見学会』レポート記事はこちらです。
↓↓↓↓↓↓↓
https://coshegoto.jimdo.com/report/?fbclid=IwAR33HmnlB8hIZNhHVYrBJhQ5brnU_Ay7zfL8sjUrwByAgH4K9y7wnTPTOsU#coshegoto1127

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です